彼氏とのデートがつまらない…相手を傷つけずにうまく断る方法は?

彼氏とのデートがマンネリ化してしまいつまらない時に上手に断る方法
スポンサードリンク

付き合いが長くなってくると
どうしてもマンネリしてしまい、
デートもつまらないと思ってしまう時がありますよね。

みなさんはそんな時どうしますか?

素直に「つまらないデートはしたくない」
なんて言ってしまえば、
彼はきっと傷ついてしまいます。

彼氏の悲しむ姿は見たくありませんよね。

そこで、彼氏とのデートがつまらないと
感じる時の上手な断り方を
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

体調が悪くて…

まず大事なことは、「デートはしたいけど何かしらの理由があるからデートできない」と思わせる言い方が一番上手な断り方です。

その理由というものがとても重要になってくるのですが、本当はつまらないと思っているということをけして悟られてはいけません。

そのため「最近体調が悪くて…」という理由なら疑われずにうまく切り抜けられるのではないかと思います。しかし、「風邪を引いた」「インフルエンザになった」などと明確に言ってしまうのはNGです。

もし彼がお見舞いに行くと言ってきたら、熱や咳鼻水などが出ていないと怪しまれてしまいます。ですから一番目に見えて分かりにくい、体調が悪いという断り方が一番自然でベストなのです。

家の都合でゴタゴタしていて…

身内のトラブルやゴタゴタを理由にして断るのも一つの方法です。

たとえば具体的に言うと、「お姉ちゃんが子供を連れて帰って来ていて子守しなくてはいけないから…」「親戚で集まりがあるから…」「お母さんが体調悪くて…」などです。

彼がすでに家に挨拶に来ていて自分の親や兄弟姉妹と仲が良ければバレてしまう可能性も否定できませんが、あらかじめ話を合わせてもらえるように相談しておけば問題ありません。

きっとあなたの身内も「付き合っていればそんなことくらいあるだろう」と思うくらいです。彼は、家の都合なら仕方がないな…とすんなり受け入れやすくなるはずです。

しかし、彼が家に来た時やこの先結婚をした時に後々バレテしまうんじゃないか…と心配なら、「誰々が」というよりも身内や親戚が、と濁すのもいいでしょう。

甘えた感じで言ってみる

せっかく彼からデートに誘ったのに断られてしまえば、さすがにどんな理由であれテンションは下がってしまいます。疑い深い彼氏だと、「俺とのデートがつまらない?」「俺に冷めた?」などと勘ぐってしまうかもしれないのです。

そこを回避するためにも、デートを断る時は甘い声や甘い言い方をした方が彼も「しょうがないなぁ」と思えるかも。

たとえば、「私もデートしたかったのにごめぇん。」「体調が悪いからいけないよぉ。」などちょっと可愛い言い方だと変な勘ぐりが軽減するかもしれませんね。

同じ断り方でも、「デートはしたいんだけどいけない」「体調が悪いから行きたくない」とでは全然違いますよね。

声のトーンや言い方で相手を不安にさせたり安心させたりできるのです。

彼のテンションを上げておく

テンションが多少下がっている状態の彼を下げてままにしておくと、彼も不安になったり下手をするとデートができないことに腹がたってきてしまう場合もあります。

とはいえ、彼とのデートがつまらないと思ってるわけですから次のデートの約束をするのも少し抵抗がある…
そんな時は、「大好きだよ」と付け加えることで改善します。

こちらはうまくデートを断ったつもりでいても、実は彼側は不満に思っていてデートを断る彼女に気持ちが萎えてしまい別れてしまったカップルも実際にいたりします。

恋人同士に一番必要な事は、言葉にして好意を伝える事です。

デートは断られテンションは下がってしまったけど、大好きだよという言葉が付け加えられていれば「ならいっか」と彼も渋々思ってくれるでしょう。

彼とのデートを断り、なおかつ傷つけずにうまく交わしたいなら彼のテンションを下げたままにしないように注意しておきましょう。

メール・LINEよりも電話で

彼とのデートを断るのですから、当然断りにくい・言いにくい気持ちもあるのではないでしょうか?そうなるとついついメールやラインで断ってしまうこともあるかと思います。

やはり文章だと相手に気持ちが伝わりにくいだけでなく、そっけなく聞こえてしまい「愛が感じられない」と思わせてしまう原因になります。

送る側と受ける側の文を読むトーンって若干ずれてくるんですよね。絵文字やスタンプでごまかすのもアリですが、それでは相手の気持ちが読めませんね。

デートを断ってしまうのですから、彼が傷ついているのか・怒っていないかということは気になるところではないですか?

できれば直接電話で説明し、「わかったよ」と聞いた方が安心できますよね。彼にとっても、「わざわざ電話をかけてきてくれた」ということが嬉しく、断られても傷つきにくく受け入れやすくなると思います。

まとめ

いかがでしたか?彼とのデートがつまらないとどうしても気分がのりませんよね。

そういった時に無理をしてデートをしてしまうと、逆に悪循環になってしまいます。上手に断って愛され女子になってくださいね♪

スポンサードリンク